読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レフトへライナー!

主に野球(NPB)に関する事を、チームに関係なしにいろいろと書いていきます。

2016年 新外国人選手のオープン戦の成績とシーズンの成績(投手編)

下記のエントリーで、バッターの新外国人選手のオープン戦とシーズンの成績をまとめましたので、今度は、ピッチャーでもまとめてみたいと思います。

goronews.hatenablog.com

オープン戦成績

チーム 選手 登板 セーブ 防御率 与四球率
ヤクルト カイル・デイビーズ 3 1 1 0 3.38 5.625
ヤクルト ジョシュ・ルーキ 9 1 1 0 4.00 2.000
ヤクルト ルイス・ペレス 10 0 0 0 3.00 3.750
阪神 マルコス・マテオ 6 0 0 1 0.00 2.700
阪神 ラファエル・ドリス 5 0 0 1 3.00 6.000
広島 ブレイディン・ヘーゲンズ 6 0 0 0 3.00 1.500
広島 ジェイ・ジャクソン 3 0 0 0 1.88 2.512
中日 ジョーダン・ノルベルト 3 0 0 0 2.00 2.000
中日 フアン・ホセ・ハイメ - - - - - -
DeNA ザック・ペトリック 3 1 0 0 4.00 1.000
ソフトバンク ロベルト・スアレス 3 1 0 0 0.00 3.000
日本ハム アンソニー・バース 3 0 3 0 6.92 2.077
日本ハム クリス・マーティン 6 0 0 0 3.00 6.000
西武 アンディ・バンヘッケン 2 0 0 0 2.70 4.500
西武 李振昌(C・C・リー)
(リー・チェンチャン)
4 1 0 0 1.80 1.800
オリックス エリク・コーディエ 5 0 0 0 0.00 1.800
楽天 ラダメス・リズ 6 1 0 0 3.00 1.500
楽天 ジェイク・ブリガム - - - - - -

シーズン成績

チーム 選手 登板 セーブ ホールド 防御率 与四球
ヤクルト カイル・デイビーズ 15 4 5 0 0 4.39 3.402
ヤクルト ジョシュ・ルーキ 69 6 6 0 33 3.06 2.810
ヤクルト ルイス・ペレス 19 2 2 0 1 8.02 6.418
阪神 マルコス・マテオ 52 1 3 20 7 1.80 3.927
阪神 ラファエル・ドリス 34 3 3 8 9 2.12 4.235
広島 ブレイディン・ヘーゲンズ 50 7 5 0 19 2.92 3.577
広島 ジェイ・ジャクソン 67 5 4 0 37 1.71 3.043
中日 ジョーダン・ノルベルト 22 6 6 0 0 4.24 4.017
中日 フアン・ホセ・ハイメ - - - - - - -
DeNA ザック・ペトリック 15 3 2 0 0 5.51 2.296
ソフトバンク ロベルト・スアレス 58 2 6 1 26 3.19 3.053
日本ハム アンソニー・バース 37 8 8 0 6 3.65 4.104
日本ハム クリス・マーティン 52 2 0 21 19 1.07 1.258
西武 アンディ・バンヘッケン 10 0 4 0 0 6.31 5.192
西武 李振昌(C・C・リー)
(リー・チェンチャン)
18 0 0 0 1 6.48 2.801
オリックス エリク・コーディエ 13 0 2 2 0 7.30 11.219
楽天 ラダメス・リズ 5 0 3 0 1 6.94 7.320
楽天 ジェイク・ブリガム 11 0 3 0 1 5.24 4.231

オープン戦での成績がよかった選手といえば、阪神のマテオ、広島のジャクソン、中日のジョーダン、ソフトバンクのスアレス、西武C・C・リー、オリックのコーディエくらいでしょうか?

その中で、明確なハズレは、西武C・C・リー、オリックのコーディエでしょうか?

オリックスのコーディエは、オープン戦では与四球率が1.8と優秀だったにも関わらず、シーズンでは11.219と、投球イニング以上のフォアボールを与えてしまっています。160キロを超えるボールを持っていてもこれでは通用しないのは明らかです。

逆に、オープン戦が悪かったにも関わらずシーズンでは良かったのは、日ハムのバースですね。

シーズン当初は活躍出来ませんでしたが、シーズン途中からは、先発でもリリースでも活躍し、日本シリーズでは、5試合にリリーフ登板して3勝、しかも防御率も0.00を記録しました。その上、大事なところでタイムリーも放ちました。結果的には、レアードがMVPとなりましたが、バースがMVPをとってもおかしくない成績です。

バッターとピッチャーの成績を見てきましたが、大方の予想通り、バッターよりもピッチャーのほうが、例外はありますが、オープン戦の成績に連動している感じで、コーディエの大きな例外はありますが、与四球率はある程度参考になりそうです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク