読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レフトへライナー!

主に野球(NPB)に関する事を、チームに関係なしにいろいろと書いていきます。

2016年 新外国人選手のオープン戦の成績とシーズンの成績(打者編)

オープン戦で贔屓チームの選手が全く打たなかったりすると不安になりますが、特に新外国人選手がオープン戦で全く打たないと不安が大きくなります。

2016年の新外国人選手のオープン戦の成績と、シーズンの成績の比較を行って、オープン戦の成績がどこまで参考になるかを見てみたいと思います。

オープン戦成績

チーム 選手 試合 本塁打 打率 OPS
広島 ジェイソン・プライディー 12 1 0.250 0.657
巨人 ギャレット・ジョーンズ 19 2 0.283 0.828
DeNA ジェイミー・ロマック 15 2 0.156 0.620
阪神 マット・ヘイグ 10 0 0.194 0.445
中日 ダヤン・ビシエド 8 2 0.241 0.724
オリックス ブライアン・ボグセビック 15 2 0.300 0.904
オリックス ブレント・モレル 15 0 0.302 0.730

シーズン成績

チーム 選手 試合 本塁打 打率 OPS
広島 ジェイソン・プライディー 0 0 - -
巨人 ギャレット・ジョーンズ 123 24 0.258 0.813
DeNA ジェイミー・ロマック 30 0 0.113 0.374
阪神 マット・ヘイグ 31 2 0.231 0.685
中日 ダヤン・ビシエド 119 22 0.274 0.838
オリックス ブライアン・ボグセビック 60 3 0.187 0.601
オリックス ブレント・モレル 94 8 0.244 0.683

広島のプライディーは、オープン戦で打率0.250 ホームラン1本ですが、すみません。全く覚えていません。シーズン未出場なんですね。

巨人のギャレットの初年度は期待はずれに終わりましたが、オープン戦は打率0.283 ホームラン2本と及第点の成績を残していたんですね。ただ、期待はずれといっても、シーズン終わってみれは打率0.258 ホームラン24本と初年度としては合格点の成績でした。

ちなみに、ギャレットについては過去に下記のブログを書いています。
goronews.hatenablog.com


ベイスターズのロマックは、超ハズレ外国人選手となってしまいました。オープン戦でホームラン2本打っていますが、打ったときにはベイスターズファンがアタリ外国人選手と騒いでいたのを思い出します。ただしオープン戦の打率は0.156だったんですね。

阪神のヘイグはハズレ外国人選手でしたが、オープン戦 0.194 とやはり駄目だったんですね。

昨年の一番のアタリ新外国人打者の中日のビシエドは、奥様の出産立会のために一時帰国があった為、オープン戦8試合の出場のみでしたが、それでも2ホームランを放っています。それにしも、ビシエドは一時帰国して、オープン戦最終戦に何とか間に合ったんですが、シーズン始まったらそこから開幕ダッシュで3,4月の月間MVPですからね。わからないものですね。

オリックスのボグセビックはハズレ外国人選手ですが、実はオープン戦は打率 0.300 ホームラン2本とかなり良かったんですよね。

オリックスのモレルは、残留はさせましたがシーズンはハズレに近い成績でした。ただしオープン戦は0.302 と良かったんですね。

総評

全体の2016年の成績だけでみると、オープン戦の打率は、少なくとも 2割 ないとシーズンでも期待できない事になりますが、かといって3割打っていてもホームランを打っていても駄目な外国人選手は駄目って事ですね。

2017年はどうなりますかね?

ピッチャーに関しては、下記エントリーで特集しています。
goronews.hatenablog.com

新外国人選手に関わらず、オープン戦とシーズンの成績の比較は下記のエントリーで行っています。
goronews.hatenablog.com

スポンサードリンク

スポンサードリンク