読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レフトへライナー!

主に野球(NPB)に関する事を、チームに関係なしにいろいろと書いていきます。

ギャレットの6月以降の成績は優秀で、四球が少なければ好調

読売巨人はギャレット・ジョーンズ選手およびスコット・マシソン投手と来季も契約を行った事を発表しました。

ギャレット選手は、高額年俸(約3億円)にも関わらず、当初あまり数字があがらず、同時期に、ギャレット選手よりも年俸が安い中日・ビシエド選手(年俸 約1億7000万円)が打ちまくり、月間MVPを獲得していた事もあり、当初結構叩かれていました。

後半は数字が伸びてきた為、批判も減っていましたので、月別の成績をみていきたいと思います。

月別の年間成績







OPS PA/BB
3・4月 0.215 5 17 0.348 0.757 6.59
5月 0.241 2 2 0.279 0.692 30.50
6月 0.283 5 4 0.340 0.949 12.50
7月 0.327 3 5 0.386 0.982 11.40
8月 0.264 7 7 0.326 0.89 13.57
9月 0.268 2 4 0.302 0.729 21.50
10月 0 0 0 0 0 -
0.258 24 39 0.327 0.813 11.92

3-5月の数字は特に打率が低いですね。ただしホームランは3月-4月で5本は滑り出しとしてはよいほうじゃないでしょうか?
ただし、同時期にビシエドは9ホームランを打ってましたので比べられてしまったのは不幸でした。

次に6月以降だけをみてみたいと思います。

6月以降の月別成績及び合計







OPS PA/BB
6月 0.283 5 4 0.340 0.949 12.50
7月 0.327 3 5 0.386 0.982 11.40
8月 0.264 7 7 0.326 0.890 13.57
9月 0.268 2 4 0.302 0.729 21.50
10月 0.000 0 0 0.000 0.000 -
0.277 17 20 0.329 0.856 14.60

普通に優秀です。

6月-10月の打率が0.277、ホームラン17本、OPSが0.856で優秀な成績です。

ホームランは、80試合で17本打ってますので、143試合に換算すると30本に相当します。

3月-5月もまとめてみます。

3月-5月の月別成績及び合計







OPS PA/BB
3月-4月 0.215 5 17 0.348 0.757 6.59
5月 0.241 2 2 0.279 0.692 30.50
0.225 7 19 0.324 0.734 9.11

3月-5月の合計で、打率0.225は悪すぎますが、新外国人で日本に馴染む時間と考えれば、しょうがないと考えられます。

月別で見た場合に、3月-4月の数字が飛び抜けていい面があります。PA/BB(何打席に1個フォアボールを選んでいるか)です。

3月-4月は、6.59打席に1つフォアボールを選んでいますが、年間だと11.92打席に1つフォアボールとなっています。

大リーグ時代のPA/BBを見てみましょう。

MLB時代のPA/BB

チーム

PA/BB
2007 ツインズ 84 6 14.0
2009 パイレーツ 358 40 9.0
2010 パイレーツ 654 53 12.3
2011 パイレーツ 478 48 10.0
2012 パイレーツ 515 33 15.6
2013 パイレーツ 440 31 14.2
2014 マーリンズ 547 46 11.9
2015 ヤンキース 152 8 19.0
- 3228 265 12.2

http://www.baseball-reference.com/

大リーグ時代はPA/BBは12.2です。NPBの3月-4月の6.59が異常だったんですね。理由としては、日本の投手が、ヤンキースから来た選手を怖がり過ぎた事と、ギャレット自信が異国の地に来て慣れようとしすぎて、自分のスタイルを忘れてしまった事が原因でしょう。

2017年は、最初から自分のスタイルでいけばスタートから走ることが出来ると考えれれますが、相手チームから考えれば、フォアボール覚悟でくさいところをついていけば、封じることが出来るかもしれません。注目していきたいです。

巨人は、この選手を今年の約半額の約1.6億円で契約出来たのはかなりお得です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク