レフトへライナー!

主に野球(NPB)に関する事を、チームに関係なしにいろいろと書いていきます。

【ドラフト特集】2016年 阪神の指名はそんなにおかしくないでしょ?

阪神タイガース

順位 氏名(ポジション:所属) 年令 投打 身長 体重
1位 大山 悠輔(内野:白鷗大) 21 右右 181 85
2位 小野 泰己(投手:富士大) 22 右右 184 75
3位 才木 浩人(投手:兵庫・須磨翔風高) 17 右右 188 79
4位 浜地 真澄(投手:福岡大大濠高) 18 右右 184 88
5位 糸原 健斗(内野:JX―ENEOS) 23 右左 175 80
6位 福永 春吾(投手:四国リーグplus徳島) 22 右左 185 90
7位 長坂 拳弥(捕手:東北福祉大) 22 右右 173 78
8位 藤谷 洸介(投手:パナソニック) 20 右右 194 90

阪神の指名はまず1位を弄らない訳にはいきません。

私も最初は、1位に佐々木投手、2位に大山選手の指名で行けるだろうと。これだけ投手が豊作の今年の状況を考えたら、下手したら3位で大山選手もいけるんじゃないかとも思いました。

ただ、これに関しては、阪神が(金本監督が)大山選手の活躍を確信してるって事ですね。

佐々木投手若しくは、その他のドラフト1位評価の投手と大山選手の両取りもできましたので、戦略的には失敗だと思いますが、100%に近い確率で大山選手を取るには、1位で指名するのが確実です。

その為、大山選手が大成すれば、大山選手を他球団に取られるリスクを排除する為の良い指名だったと評価される事でしょう。

ネットでは、大山選手の指名でブーイングが起きたといった記事もありましたが、テレビで見ていた限りだと、ざわつきはありましたが、ブーイングまでは聞こえませんでした。現地だと聞こえたんですかね?

2位以下の指名は、大型の投手を中心に指名していますが、大山選手を含め、即戦力度は低いと言わざる負えません。ただし、将来性といった意味では非常にいい指名にも見えます。

大型の投手は育てるのは難しいと言われる事もありますが、育った時には手が付けられなくなります。

阪神ファンは悲観ばかりする必要は無いんじゃないでしょうか?


【ドラフト特集】2016年ドラフト結果と指名評価 - ニュースを超簡単にまとめると!

スポンサードリンク

スポンサードリンク