読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レフトへライナー!

主に野球(NPB)に関する事を、チームに関係なしにいろいろと書いていきます。

【野球】日本ハム 11.5ゲーム差からの逆転で遂に2012年以来、4年ぶり優勝

大谷選手の完封処理により、日本ハムファイターズ2012年以来、4年ぶり優勝

9/22にマジックを点灯させた日本ハムファイターズが、2012年以来、4年ぶり7回目のリーグ優勝を決めました。

・マジック点灯時に書いた記事です。
goronews.hatenablog.com

6月の時点では、ソフトバンク優勝で間違いなしと言われたところからの大逆転での優勝を決めました。

11.5ゲーム差からの逆転優勝という事で、1996年の長嶋巨人のメークドラマと比べられますが、大本命の巨大戦力を持っているソフトバンクを倒しての優勝の為、私としては、こちらのほうが価値を感じます。

それにしても、今日の大谷選手の投球は凄かったですね。この試合で1-0の完封で、しかも打たれたヒットは1本、許したフォアボールは1つ、そして15奪三振と完璧なピッチングでした。

今年のパ・リーグのMVPは、大谷選手が最有力で、文句もないんですが、私は、中島卓也選手の印象が強いですね。

一番印象に残っているのは、交流戦の中日ドラゴンズ戦で、球数制限がある吉見投手相手のファール攻撃が、本当にいやらしかったですね。あれが好投を続けていた吉見投手から1点を奪い、そして球数を投げさせた事により吉見投手を6回で降板させる事に繋がりました。そして、日本ハムの15連勝は、この試合から始まりました。

あのファール攻撃で投手の体力、気力を奪い、その後の攻撃に繋がる場面を何度も見ました。

次は、CSですが、交流戦終盤から続く勢いを、そのまま持続できるかに注目したいです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク