読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レフトへライナー!

主に野球(NPB)に関する事を、チームに関係なしにいろいろと書いていきます。

【ドラフト特集】2016年 横浜DeNAベイスターズの指名は評価できるのか?

ベイスターズの指名ですが、評価はわかれているようですが、どうなんでしょうか?
投手、野手、年齢構成のバランスは取れてはいますね。

横浜DeNAベイスターズ

順位 氏名(ポジション:所属) 年令 投打 身長 体重
1位 浜口(濱口) 遥大(投手:神奈川大) 21 左左 173 80
2位 水野 滉也(投手:東海大北海道) 22 右右 175 74
3位 松尾 大河(内野:熊本・秀岳館高) 18 右右 174 75
4位 京山 将弥(投手:滋賀・近江高) 18 右右 180 74
5位 細川 成也(外野:茨城・明秀日立高) 18 右右 181 85
6位 尾仲 祐哉(投手:広島経大) 21 右左 171 72
7位 狩野 行寿(内野:平成国際大) 22 右右 180 80
8位 進藤 拓也(投手:JR東日本) 24 右右 186 90
9位 佐野 恵太(内野:明大) 21 右左 178 82
育成1位 笠井 崇正(投手:BCリーグ信濃) 22 右右 179 93

1位から見ていきますが、2回クジを外したのは痛かったですが大学No1サウスポーを指名できました。制球に不安は残りますが、ベイスターズには若いサウスポーが揃ってますので、ここに濱口投手が絡んでくると一気にサウスポー王国となりますね。

2位の水野投手は、右のサイドハンドですが、サイドハンドからMAX147kmのストレートを投げ込んで来ます。奪三振率も高い投手ですが、先発で育てていくんですかね?後ろで使っていくんですかね?後ろで使っていくんであれば、直ぐにでも出てきそうな感じです。

3-5位で、将来を見据えて高校生をとっていますが、その中でも、3位で指名した、高校日本代表のクリーンアップを打った松尾選手は身体能力も高く伸びてきそうな選手ですね。

そして、6位からは、また即戦力で使えそうな選手の指名を行っているんですが、6位の尾仲投手は、身長は低いですが、球が速く、三振が取れるピッチャーで、1年目から期待できる選手です。

クジを2回外した点はマイナスですが、その点は、豊作ドラフトに救われています。

全体的に、バランスがよく、なかなかよいドラフトだったんじゃないでしょうか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク