読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レフトへライナー!

主に野球(NPB)に関する事を、チームに関係なしにいろいろと書いていきます。

陽岱鋼の成績と巨人のセンターの成績を比較

ジャイアンツ ファイターズ

2016年の巨人のスタメンでセンターを守った上位3選手の成績と、陽岱鋼(よう だいかん)の成績を比較して、どの程度、巨人の戦力がアップするかを見てみたいと思います。

センター スタメン上位3人










橋本 到 55 11
立岡 宗一郎 45 3
重信 慎之介 16 0

センター スタメン上位3人の打撃成績














OPS
橋本 到 0.233 259 219 51 2 20 7 4 0.297 0.635
重信 慎之介 0.190 87 79 15 0 2 5 0 0.256 0.534
立岡 宗一郎 0.229 209 188 43 2 9 9 1 0.286 0.589
合計 0.224 555 486 109 4 31 21 5 0.286 0.601

*全て、センターで守ったと仮定して計算しています。

陽 岱鋼の打撃成績














OPS
陽 岱鋼   0.293 555 495 145 14 61 5 10 0.359 0.790

偶然なんですが、上位3人の合計打席数と、陽岱鋼の打席数が同じなんで、比較し易いです。

まず打率ですが、陽岱鋼が今年巨人でセンターを守っていたら、打率が7分アップします。これだけで他球団からしたら脅威です。

OPSが0.601から0.790にアップしています。セイバーメトリクスの産みの親のビル・ジェームズのランク付けからすると、Fランク(悪い)からCランク(良い)の3段階アップです。

ホームランは、4本から14本アップです。しかも、ホーム球場が、札幌ドームから東京ドームに変更となりますので、大幅に増える可能性があります。

ちなみに、2016年のホームランパークファクターを東京ドームと、札幌ドームを比べると、東京ドームのほうが1.43倍ホームランが出やすいです。

打点は倍増ですが、打順のファクターが大きいので、あまり比較しても意味がないんで飛ばします。

悪くなる数字としては、盗塁数と併殺打です。

陽岱鋼の盗塁数は、今年は怪我の影響もあり、5個に終わりましたが、巨人のセンター陣は21個となっていますので、ここは大きくダウンします。ただし、怪我が癒えれば2013年の盗塁王(47個) ですからね...

併殺打が増えるのは、巨人の3選手は左打者ですが、陽岱鋼は右打者の為、これはしょうがないですね。

言うまでもありませんが、巨人としてはピンズドな補強で、他のセリーグ球団としては、脅威としかいいようがないですね。

最後に、チーム打率がどの程度上がるかを見てみたいと思います。





寺内崇幸 0.129 31 4
藤村大介 0.000 4 0
脇谷亮太 0.157 108 17
ギャレット 0.258 422 109
坂本勇人 0.344 488 168
長野久義 0.283 576 163
片岡治大 0.222 81 18
亀井善行 0.252 226 57
阿部慎之助 0.310 335 104
クルーズ 0.252 298 75
鈴木尚広 0.300 10 3
小林誠司 0.204 398 81
相川亮二 0.244 41 10
村田修一 0.302 529 160
實松一成 0.250 28 7
松本哲也 0.174 69 12
中井大介 0.196 51 10
岡本和真 0.100 10 1
アンダーソン 0.250 12 3
大田泰示 0.202 114 23
堂上剛裕 0.167 48 8
山本泰寛 0.256 78 20
辻東倫 0.176 34 6
北篤 0.200 5 1
吉川大幾 0.176 51 9
ガルシア 0.000 7 0
大竹寛 0.042 24 1
菅野智之 0.222 54 12
マシソン 0.000 2 0
桜井俊貴 0.000 1 0
内海哲也 0.036 28 1
宮國椋丞 0.000 1 0
田原誠次 0.000 1 0
マイコラス 0.063 32 2
今村信貴 0.091 22 2
ポレダ 0.000 9 0
高木勇人 0.034 29 1
小山雄輝 0.500 2 1
江柄子裕樹 0.000 3 0
田口麗斗 0.104 48 5
平良拳太郎 0.000 1 0
陽岱鋼 0.293 495 145
合計 0.258 4806 1239

ちなみに、2016年のセリーグのチーム打率は下記となっています。

2016年チーム打率

チ ー ム
広島カープ 0.272
ヤクルト
スワローズ
0.256
読売
ジャイアンツ
0.251
横浜DeNA
ベイスターズ
0.249
中日
ドラゴンズ
0.245
阪神
タイガース
0.245

巨人の2016年のチーム打率は、0.251でしたが、0.258と7厘上がります。

この結果、チーム打率がヤクルトを上回り、チーム打率の順位が3位から2位へとアップします。

これだけ打撃成績が上がって、山口 俊一と、森福 允彦の2投手をFAで獲得ですからね。普通に考えたら今年より悪くなるはずはないんですが、果たしてどうなるんでしょうか?

計算が間違ってたら、ごめんなさい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク