読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レフトへライナー!

主に野球(NPB)に関する事を、チームに関係なしにいろいろと書いていきます。

2016年打撃成績とドラフト順位の関係【パリーグ編】

ドラフトの順位と、打撃成績の関係を見てみたいと思います。対象の選手は、パリーグで2016年に規定打席に到達選手とします。

セリーグに関してはこちらのエントリーで
2016年打撃成績とドラフト順位の関係【セリーグ編】 - レフトへライナー

順位 選手名 チーム プロ入り前 順位 打率 本塁打 OPS
1 角中 勝也 高卒独立リーグ 2006年大社7巡目 0.339 8 0.878
2 西川 遥輝 高卒 2010年2位 0.314 5 0.803
3 浅村 栄斗 西 高卒 2008年3位 0.309 24 0.867
4 糸井 嘉男 大卒 2003年自由獲得枠 0.306 17 0.849
5 柳田 悠岐 大卒 2010年2位 0.306 18 0.969
6 内川 聖一 高卒 2000年1位 0.304 18 0.780
7 秋山 翔吾 西 大卒 2010年3位 0.296 11 0.807
8 陽 岱鋼 高卒 2005年高校1巡目 0.293 14 0.789
9 中村 晃 高卒 2007年高校3巡目 0.287 7 0.793
10 鈴木 大地 大卒 2011年3位 0.285 6 0.745
11 T-岡田 高卒 2005年高校1巡目 0.284 20 0.828
12 デスパイネ - - 0.280 24 0.841
13 栗山 巧 西 高卒 2001年4巡目 0.279 3 0.759
14 茂木 栄五郎 大卒 2015年3位 0.278 7 0.738
15 銀次 高卒 2005年高校3巡目 0.274 2 0.702
16 安達 了一 大卒社会人 2011年1位 0.273 1 0.667
17 田中 賢介 高卒 1999年2位 0.272 2 0.673
18 金子 侑司 西 大卒 2012年3位 0.265 1 0.642
19 ウィーラー - - 0.265 27 0.829
20 藤田 一也 大卒 2004年4巡目 0.265 0 0.618
21 西野 真弘 大卒 2014年7位 0.264 2 0.666
22 レアード - - 0.263 39 0.835
23 松田 宣浩 大卒 2005年希望入団枠 0.259 27 0.792
24 メヒア 西 - - 0.252 35 0.842
25 岡島 豪郎 大卒 2011年4位 0.252 6 0.683
26 中田 翔 高卒 2007年高校1巡目 0.250 25 0.739
27 今宮 健太 高卒 2009年1位 0.245 10 0.682
28 中島 卓也 高卒 2008年5位 0.243 0 0.601

各条件でのドラフト順位の平均を出していきますが、ドラフトの制度の変更があった為、高校生ドラフトの順位は、倍として計算。例えば、高校ドラフト2位は、4位として計算を行い、自由獲得枠は1.5位として計算、希望枠は1位として計算しています。

「順位」と「巡目」問題もありますが、単純化する為に全て順位で統一させてもらいました。

結果としては、下記となります。

各条件 ドラフト平均順位
規定打席に到達した選手 3.15位
高卒で入団した選手 3位
高卒独立リーグ、大卒、大卒社会人選手 3.29位
打率1-10位の選手 3.05位
2桁本塁打を打った選手 1.85位
OPS 0.9以上の選手 2位

考察

規定打席に到達するようなレギュラー選手はドラフト3位までに取る事、OPS 0.9 を超えるような非常に優秀なバッターは、ドラフト2位までには取らないといけない事がわかります。(ただし、2016年のパリーグの場合、OPS 0.9以上は、ギータこと柳田選手のみ)

もちろん例外もあります。

いきなり打率1位が、大学社会人ドラフト7巡目の角中選手ですからね。素晴らしいです。

ただし2桁ホームランに関しては、平均ドラフト順位も1.85位ですし、全ての選手が3位以内です。話しがややこしくなるんで今回の計算対象外の規定未到達者、大谷 翔平選手は触れたくないんですが、22本打っている大谷選手もドラフト1位ですね。

セリーグとパリーグの比較は別エントリーで行います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク