読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レフトへライナー!

主に野球(NPB)に関する事を、チームに関係なしにいろいろと書いていきます。

パリーグCSファイナルステージ第五戦を日ハム目線でポジティブに予想してみる

第四戦は負けてしまいましたが、ソフトバンクの中継ぎも使わせる事ができましたし、アドバンテージ含みで3勝2敗と勝ち越していますので、まだまだ絶対的に有利です。

第五戦の予告先発は、ソフトバンクホークスが攝津正投手、日本ハムファイターズが加藤貴之投手です。

摂津投手の対日ハムの防御率は3.86。今年は札幌ドームでの登板はありませんでした。第五戦はデーゲームですが、デーゲームの防御率は9.00と非常に悪いです。対打者もみていきたいのですが、今年は日ハム戦には1回しか登板してませんので、あまり有効な情報はありません。

加藤投手の対ソフトバンクの防御率は3.76と、あまりよくありませんが、デーゲームの防御率は3.30とナイトゲームよりは得意にしています。柳田選手に打率0.462、松田選手に打率0.455と打たれていますので、注意していきたいです。

先発投手の格からみていくとソフトバンク有利ですが、データから見ていくと互角の戦いです。

中継ぎ勝負に持っていて、競り勝っていきたいですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク