レフトへライナー!

主に野球(NPB)に関する事を、チームに関係なしにいろいろと書いていきます。

【ドラフト特集】2016年注目選手(大学ビッグ3)

2016年注目選手(大学BIG3)

豊作と言われる2016年のドラフト候補選手を何回かに分けてまとめていきます。今回は、大学ビッグ3です。
===

・田中 正義(創価大学) 右投右打

言わずと知れたジャスティスこと、田中正義投手です。昨年の今頃は、12球団競合もありえると言われていましたが、右肩の故障もあり、若干評判が落ちています。

特に凄かったのは大学3年時で、NPBの若手選抜相手に投げた時には、7者連続三振を奪うなど、若手相手とはいえ、格の違いを魅せつけました。

ストレートのMAXは156キロで、変化球はカーブ、カットボール、フォークとあります。しかもストレートは150キロ台を連発します。

右肩の怪我をどのように評価するかですが、秋のリーグ戦から復帰し、まだまだ昨年の凄みまではないですが、流石の投球は見せています。

怪我がありながらドラフト1位となると、横浜DeNAの今永投手や、中日ドラゴンズの大野投手が思い出されますが、何球団が怪我のリスクと、何球団集まるかわからない競合のリスクに立ち向かうでしょうか?

・佐々木 千隼(桜美林大学) 右投右打

スリークォーター気味のフォームからのストレートのMAXは153キロで、変化球も、シンカーに始まり、スライダー、フォーク、チェンジアップ、カットボールと多彩です。

球の出どころが見にくそうな感じで投げてきますので、実際には更に速い球に見えるんでしょうね。

阪神、巨人がドラフト1位候補に上げています。

・柳 裕也(明治大学) 右投右打

ストレートのMAXは150キロで、変化球はカーブ、スライダー、チェンジアップ、カットボール、ツーシムで、六大学リーグ史上15人目となる300奪三振を記録。

柳投手は、コントロールがいいのも特徴の一つ。中日ドラゴンズのドラフト1位候補に上がっていますが、常時150キロを超えるような凄さはないですが、そのかわりコントロールがよく変化球のキレもよい為、中日好みかなとも思います。


・他のドラフト特集
goronews.hatenablog.com
goronews.hatenablog.com

スポンサードリンク

スポンサードリンク